前へ
次へ

プログラミング教育への環境を整える

IT関連の仕事は、小学生のうちから興味を持っている子どもが多いのが現状です。
ITはすでに社会を構成するうえで、欠かせない技術になっています。
プログラミング教育が小学校でもスタートしますが、プログラミングは、たとえプログラマーにならなかったとしても、これからの社会を担う子どもたちにとって欠かせないスキルになります。
しかし、家庭でも子どもにプログラミング教育をしていきたいと考えていても、どう教えたらいいのかわからないと戸惑っているというのが、英語教育同様に多いです。
そんな時に役立つのが、近年、増加しているプログラミングスクールです。
もし、子どもが家電製品やスマートフォンの操作を試したがったり、ものづくりに興味があるようなら、子ども自身がすんなりプログラミングを受け入れられる可能性が高いです。
実際に、システムエンジニアやプログラマーになっている人は、幼少期は自分でおもちゃをつくったり、折り紙で新しいものをつくったり、ひたすら絵を描いていた、家電製品をいじっていたという人がほとんどです。
このような子の場合、子どもがスクールに通ってみたいといってきたら、すぐに環境を整えてあげましょう。

Page Top